• facebook
  • twitter
  • instagram
草津まち歩き新聞 第13号

第13号できました!

download
広告掲載
募集中

あのお店と言えばこれ!という看板メニューとは別の「隠れた定番メニュー」を紹介する新コーナー!
常連さんに愛されるロングセラーメニュー、知りたいですよね?
これは要チェックですよ!


 
手のひら /
鯖寿司
 
旬のお魚を楽しめる居酒屋「手のひら」さん創業時からの裏定番。
以前から常連さんが、〆にさば寿司をよく注文されていましたが、実はこれ数量限定なんです。
たくさん漬けても味が変わってしまう為、毎度質が良いと思った3本しか仕入れず、それを片身ずつ使用して一度に計6本しかできないという貴重なさば寿司。
特徴は、とにかく分厚い身。
お寿司自体が大きいので、食べきれず持ち帰る人も多いんだとか。
という訳で、こちらはお持ち帰りもOKです!
一本丸々は2,500円!(※写真は半身)
 

 
居酒屋 手のひら
大路1-16-33
営)17:00〜23:00
日曜休み
☎︎ 077-564-4055
http://kusatsu-tenohira.com/
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

 
けんしん /
抹茶ダシ茶漬け
 
抹茶フォンデュや抹茶スイーツが有名な抹茶専門店の数量限定の貴重なお茶漬け。
ご飯に白身魚(ブリや鯛)の具材、薬味を入れて白出汁と抹茶の出汁でいただきます。
他では食べられないこのオリジナルメニューは本当美味しくて続々リピーターが生まれています♪
平日は1日数食限定なので、是非ランチタイム(11時〜)の早めに来店を!
ちなみに、全て自家製という抹茶アイス始めスイーツの抹茶ソース、黒蜜ソースはとても濃厚で、流石の専門店の味。
「あんみつ」と「さくらパフェ」、夏季限定「かき氷」もおすすめですよ!
 

 
抹茶庵 けんしん
草津2-11-24
営)11:00〜18:00
月曜休み(月曜が祝日の場合は火曜休み)
☎︎ 077-574-8067
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

 
レスプリ デュ パン /
タルトレットポワールショコラ
 
神戸や京都のパン屋で10年、パリでも6年修行したパン&洋菓子職人の近藤さんが作る、絶品タルト3種!
フランスでは、パンと一緒にタルトやフィナンシェを販売する事は一般的で、パンを食べた後のデザートにいただくんだとか。
写真の手前から洋ナシとチョコのタルト、キャラメルバナナのタルト、生クリームとカスタード。
他にもピスタチオクリームとダークチェリーのタルトもあり、これまたおすすめ♪
ちなみに、フィナンシェも超美味しいですよ!
 

 

草津1-3-14
営)7:00〜19:00
火曜休み
☎︎ 077-509-7844
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

 
きばり屋 /
鶏白湯ラーメン
 
焼鳥を食べた後、ご飯ものやラーメンといった締めの一品が求められるので作られたメニュー。
歴史は古く何度か改良を加え今の味になったとの事。
ガラの無駄な内臓部分を取り切り、数種類の野菜を加えじっくり煮込んで8時間。
鷄白湯の旨みと野菜の甘味と感じられる優しいスープに仕上げます。
塩胡椒で味を整えただけで本来のスープの味を楽しめる「旨塩」と、豆板醤や甘みのある自家製肉味噌を添えて甘辛に仕上げた「辛味噌」の2つの味は、どちらも最高!
これだけでも訪れたい逸品です!
 

 
近江鶏料理 きばり屋
渋川1-3-32 キャッスル草津2F
営)17:00〜24:00(L.O 23:00)
不定休
☎︎ 077-599-1237
https://kibariya.com/
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 

 
酔蓮 /
おでん出汁のだし巻き卵
 
おでん屋さんの出汁を使ったお料理と聞けばそれだけでもう間違いないと太鼓判を押されるであろうこちら。
酔蓮さんの出汁は、かつおと昆布からとった1番出汁に醤油を使わず塩だけで味付けし、10年間丁寧な管理で継ぎ足しているという上品で深いお味。
元々インターンシップ生の練習用として賄いで出していた「だし巻き卵」が、お客様の要望もあって定番メニューに昇格。
和食業界で10年、フランス料理で3年修行したという横山さんのおでん料理。
テイクアウトも出来ます!
 

 
創作おでん割烹 酔蓮
大路1-14-3-103
営)[火〜土] 17:00〜24:00(L.O 23:00)
[日曜・祝日] 17:00〜22:00(L.O 21:00)
※コロナ自粛期間中は22:00まで
月曜休み
☎︎ 077-598-5280
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

© 2020 草津まち歩き新聞.